最近では函館の医療脱毛安い医療機関で医療レーザー脱毛を受けたいという人も多いでしょう。医療用のレーザーはもともとアザやホクロを治療するためのものだったのですが、研究が進んで脱毛にも使われるようになりました。日本では1997年から医療レーザー脱毛が行われるようになったため、その特徴について知っておくと良いでしょう。レーザーを肌に当てると毛根のメラニン色素にその熱が吸収されることになります。その後の放熱によって毛母細胞などを破壊することができますし、結果としてムダ毛が生えてこなくなるのです。
この施術は背中やヒザ下など広範囲の施術でも短期間で完了しますし、脇などの場合は10分以下で完了するということです。カミソリや毛抜きによる自己処理だと時間がかかりますし、肌を傷つける原因となってしまうため、肌に優しい方法でムダ毛を無くしていく方が良いでしょう。
医療レーザー脱毛は痛みが少ないということですが、施術する部位や毛質などによっても異なります。多くの医療機関ではテスト照射を行っているため、不安な場合は一度試してみると良いでしょう。レーザーはメラニンに反応するという性質があるため、日焼けしている部分には施術ができないので注意が必要です。また、レーザーを照射して1週間程度は直射日光を避けるようにしましょう。当日の入浴も避けた方が良いですし、シャワーで軽く洗い流す程度にすることがポイントです。翌日からは普通に入浴することができます。

Tagged: Dill